製品の特長 - 堅牢タブレットPC B10 Professional

製品の特長   カタログ   ビデオ   カタログ

本製品は、販売終了致しました。後継機についてはお問い合わせ下さい。

スタイリッシュ、軽量1.09 kg

堅牢タブレットB10 Professional、スタイリッシュ、軽量1.09 kg堅牢タブレットB10 Professionalは、堅牢製品にも関わらず重さはほんの1.09kg
現場作業員の携行負担を軽減します。

このページのトップへ

米国軍用規格(MIL-STD-810G)にも適合した高い堅牢性

堅牢タブレットB10 Professional、米国軍用規格(MIL-STD-810G)にも適合した高い堅牢性 堅牢タブレットB10 Professional は、米国軍用規格(MIL-STD-810G)に適合した、高い堅牢性を持つタブレットPCです。


米国軍用規格 MIL-STD(ミルスタンダード)とは?

米軍が必要とする様々な物資の調達規格。
屋外(防水・防塵性能などを重視)や苛酷な環境(非常な高温・低温、高い重力加速度等)での使用を想定した厳しいテストが要求されます。
中でも「MIL-STD-810G」には、器材に対する環境耐性を決定するための試験方法が定められており、堅牢タブレットB10 Professional はこの試験に見事パス。
優れた堅牢性を有することが証明されました。

  運用時の温度: -34℃ ~ +60℃
  保管時の温度: -45℃ ~ +70℃
  低温起動: -20℃
  湿度: +23℃ ~ +60℃、95% (結露なし)にて10日間
  自然サイクル湿度: Fig 507.5-6, 非危険場所 B3クラス、30日間
  耐温度変化: -30℃から +70℃へ5分間で温度変化
  降雨: 1平米当たり140リットル/hrの雨で15分間
  風雨: 風速40-mphの4”/hr(101.6mm/hr)の雨で一面当たり30分間
  砂: 風速20m/s、1.1g/m3、60℃の高温
  埃: 風速8.9m/s、埃濃度3.9g/m3、60℃の高温
  衝撃: 動作時: 40G
  落下: 動作時: 1.52mの高さからコンクリート上のベニヤ板へ各面、各エッジと各コーナーで合計26回の落下テスト
  車両振動: 非動作時: Minimum Integrity, 動作時: US Highway Truck & Composite Wheel
  高度: 動作時: 高度40,000 ft (12,192m)、非動作時: 50,000 ft (15,240m)
  液体への耐汚染: 水と漂白剤の50:50溶液、水と過酸化水素の50:50溶液、ディーゼル燃料、鉱油、Lysol消毒液、変性アルコール、イソプロピル・アルコール

このページのトップへ

マイナス34℃の耐低温性能

堅牢タブレットB10 Professional、マイナス34℃の耐低温性能、冷凍倉庫に! 堅牢タブレットB10 Professionalは、動作温度範囲が非常に広く、マイナス34℃の低温からプラス60℃の高温までの温度試験に合格。
冷凍倉庫等での使用に威力を発揮します!


防塵・防滴仕様 IP65

堅牢タブレットB10 Professionalは、防塵・防滴に関する国際標準IP65に適合し、粉塵が製品の内部に侵入せず、またいかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けることはありません。

堅牢タブレットB10 Professional、防塵・防滴仕様 IP65 保護等級IP65とは?
IEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)が定めた、電気機器内への異物の侵入に対する保護等級のことです。

第1記号”6”の意味は?
粉塵が内部に侵入しない。(耐塵型)

第2記号”5”の意味は?
いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない。(各散水孔当り毎分0.07リットルであらゆる方向から10分間散水する)


このページのトップへ

1.5mの高さからの耐落下衝撃

堅牢タブレットB10 Professionalは、1.5mの高さからコンクリートの上に置いたベニヤ板へ、連続して合計26回( 全ての面、稜、角に対して適用)落としても、製品に異常がなく動作することがテストにより実証されております。

耐衝撃性・耐振動性の確保のため、ストレージにはSSDを使用。

このページのトップへ

豊富なインターフェース

堅牢タブレットB10 Professionalには、豊富な各種インターフェースが用意されております。
・2 x USB3.0
・1 x Ethernet10/100/1000ギガビットLAN(RJ45)
・1 x RS232シリアル
・1 x microSDXC
・1 x microSIMカードリーダー
・1 x micro HDMI-out
・1 x オーディオ
・1 x HDMI-in(オプション)

携行性を高める”モバイルシステム”アクセサリー

堅牢タブレットB10 Professionalには、その携行性を高めるために各種のアクセサリーをご用意しております。(※すべてオプションです)

  トップ・ハンドル&ショルダー・ストラップ
(オプション)
背面からタブレットを保持できます。
拡張バッテリーと組み合わせての使用も可能です。
  堅牢タブレットB10 Professional、トップ・ハンドル&ショルダー・ストラップ
       
  バック・ハンド・ストラップ
(オプション)
背面からタブレットを保持できます。
回転式ですので、画面表示の回転に合わせて持ち方を
変えられます。
※ 拡張バッテリーと組み合わせも可能。
  堅牢タブレットB10 Professional、バック・ハンド・ストラップ
       
  キック・ストラップ
(オプション)
G2バック・ハンド・ストラップとキック・スタンドが一体化。
※拡張バッテリーとの組み合わせ使用は不可。
  堅牢タブレットB10 Professional、キック・ストラップ

このページのトップへ

長時間運用を実現する”バッテリーシステム”用アクセサリー

堅牢タブレットB10 Professionalは、標準内蔵バッテリーにより最大約8時間駆動(※1)が可能ですが、拡張バッテリー(オプション)を追加搭載すれば、最大約20時間の運用(※1)が実現できます。
堅牢タブレットB10 Professional、拡張バッテリー
堅牢タブレットB10 Professionalの拡張バッテリーは、タブレット本体から簡単に着脱および交換できます。(※2)
また、拡張バッテリーは単体で専用充電器にて充電可能ですので、必要数量の拡張バッテリーを用意して、充電と交換を繰り返すことにより、さらに長時間の連続運用が可能となります。(※2) 堅牢タブレットB10 Professional、拡張バッテリーによる長時間運用
※1: バッテリー駆動時間は最大の目安であり、動作環境、液晶の輝度、システム設定等の使用条件により大きく異なります。

  拡張バッテリー(59.2Whr)
(オプション)
簡単にタブレット本体と着脱が可能。
標準内蔵バッテリーと合わせれば最大20時間稼働が実現。複数個の拡張バッテリーを充電/交換しながら使えば、さらなる長時間運用が可能!
  堅牢タブレットB10 Professional、拡張バッテリー(59.2Whr)
       
  2連バッテリー充電器
(オプション)
2つの拡張バッテリーを同時に充電可能。
  堅牢タブレットB10 Professional、2連バッテリー充電器
       
  6連バッテリー充電器
(オプション)
6つの拡張バッテリーを同時に充電可能。
  堅牢タブレットB10 Professional、6連バッテリー充電器

このページのトップへ

豊富なマウント用パーツ/アクセサリー

堅牢タブレットB10 Professional、豊富なマウント用アクセサリー/パーツ堅牢タブレットB10 Professionalには、豊富な各種マウント用パーツ/アクセサリーをご用意しております。

堅牢タブレットB10 Professional、車載用パーツ   堅牢タブレットB10 Professional、フォークリフトマウント用パーツ   堅牢タブレットB10 Professional、デスクトップマウント用パーツ
車の運転席に
 
フォークリフトに
 
現場のデスクに

  オフィス・ドック
(オプション)
各種I/Oポートを搭載。内蔵バッテリー及び拡張バッテリーを同時に充電。
  堅牢タブレットB10 Professional、拡張バッテリー、オフィス・ドック
       
  インダストリアル・ドック
(オプション)
製造現場等で使いやすいドッキング・スタンド。
  堅牢タブレットB10 Professional、拡張バッテリー、インダストリアル・ドック
       
  キック・スタンド
(オプション)
拡張バッテリー用ブラケット付。
  堅牢タブレットB10 Professional、拡張バッテリー、キック・スタンド
このページのトップへ

Xplore Technologies社製品の正規総輸入代理店です

弊社ビーエヌテクノロジーは、Xplore Technologies社製品の日本における正規総輸入代理店です。
製品ご購入前のお問い合わせはもちろんのこと、ご購入後の技術対応および保守サービス体制には万全を期しておりますので、安心してご購入頂けます。

このページのトップへ